保育士がイヤイヤ期に向き合う方法


男の子

子どものイヤイヤ期というのは、個人差がありますが現れます。
親でも困ってしまうこのイヤイヤ期。

保育園での対応も困ってしまいますよね。
2歳時のクラス担任になった時、このイヤイヤ期とどうやって向き合っていきますか?

今回は、保育園でのイヤイヤ期の対応についてご紹介します。

■イヤイヤ期は成長の証

何故、イヤイヤ期がやってくるのでしょうか?
それは、子どもが成長したという証拠なんです。

多くの子どもは2歳を過ぎた頃から「イヤイヤ期」の前兆が見え始めます。
赤ちゃんの頃は、自分の欲求自体も単純なものが多く、ほとんどのことをお母さんがかなえてくれていました。

しかし、成長していくと、欲求自体も複雑になり、自分の思い通りにならないことが増えるのです。
そこで自己主張からの反発が始まります。

これがイヤイヤ期の仕組みなんです。男の子

■イヤイヤ期の対応

イヤイヤ期というのは、毎日同じように現れることばかりではありません。
朝から晩まで、何をやっても「いや!」と言われる日もあります。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?
ここには、明確な答えはありません。

しかし、いろいろと試してみることはできます。

毎日、エンドレスのように続く「イヤイヤ攻撃」を受け入れることは難しく感じます。
しかし、保育士さんが子どもの「イヤ」に同調するだけでも子どもは満足を得ることができるんです。

子どもの負担を減らしてあげるためにも、できるだけ子どものしたいようにさせてあげることも効果的です。
「自分でする!」とできもしないことをやると主張するときは、子どもが思うようにさせてあげましょう。

子どもは自分でしたいことはスゴイ集中力を発揮します。
そしてできたときは、これでもか!!とほめてあげるようにしましょう。

しかし、他のクラスの子どももいるので、その子にばかり合わせていてはクラス運営がうまくいきません。
そこで「イヤイヤ」と始まり、時間が足りないときは、次の活動を伝え楽しさを持たせてあげましょう。

すんなり切り替えて次の行動に取り組むかもしれませんよ。

(著者:長野県 30代前半女性 保育士)

■困ったな・・・と思わずに

「イヤイヤ期」というのは、確かに手のかかる時期です。
子どものためにと思っても、クラスの大半が「イヤイヤ」となってくると、頭を抱えたくもなります。

しかし、この時期にきちんとしたアプローチをすることで、子どもの心は豊かに発達します。
イヤイヤ期と向き合うためには、叱るというのは一番してはいけないことです。

泣いて落ち着かないときは、一人ずつ抱っこしてあげてまずは安心させてあげましょう。
そうすることで、あなたと子どもの間に信頼関係が生まれます。

「イヤイヤ期」を乗り越えれば、保育士との素晴らしい関係が待っていますよ。

保育士のあるあるエピソード


ひらめいた

保育園は全く違っても、「あるある」と思わず頷いてしまうことってありますよね。
それは保育士という職種だからかもしれません。

SNSが発達した今、保育士の「あるある」は世界中にあふれています。

そこで今回はきっとあなたも「あるある」と共感しちゃうようなものをまとめてみました。

■保育士さんという特徴あるある

保育士を続けていると、ついつい感覚がマヒしちゃうことってありますよね。

ひらめいた・声が大きい

お店でショッピングしていても、ついつい話し声が大きくなりがちです。
毎日、発声練習しているのと同じなので声も通ります。

・早食い

子どもの給食の用意をして、子どもより早く食べ終わらなくてはいけないのです。
なので、ついつい誰よりも早食いになります。

・腰痛

保育士さんの仕事は、腰に負担のかかることばかりです。
エプロンの下にコルセットをはめている保育士さんも少なくありません。

・膝が黒い

特に年少のクラスを担任していると、膝をつく回数が増えます。
結果、洗っても落ちない黒ずみが膝にできてしまうんです。

・ひらがなを書きすぎて漢字を忘れる

子どもに対しての手紙は全部ひらがなで書くので、常用漢字を忘れてしまうことも、シバシバ。

・身に覚えのないあざ

家に帰り、お風呂に入ろうすると発見します。
どうしてこんな肘の内側にあざが?というようなものばかり。

・落し物のにおいで誰のかわかる

子どものにおいに囲まれているので、自分の担任の子の持ち物はにおいで判別できるようになります。

・部屋がエプロンだらけ

かわいいエプロンを見つけるとついつい買ってしまう。
その結果、衣装ケースがエプロンだらけになっていませんか?

・「う〇ち、お〇っこ」など、抵抗なく言える

仕事中、よく使う言葉なので、何の抵抗もなくオフの時間でも言ってしまっていませんか?

・保育園を扱ったドラマを素直な気持ちで見れない

保育園が題材になっているドラマはもちろん、ママ友の実態のようなドラマを見るのにも抵抗を感じます。
自分の保育現場と比較して、こんなことあるわけない!と怒ったこと、ありませんか?

・仕事終わりにポケットの中を確認すると、ティッシュだらけ

風邪がはやる時期によくある、あるあるです。
しかも使用済みティッシュであることが多く、パンパンになっていたりします。

・昆虫や草花に自然と詳しくなる

どんなに苦手な昆虫でも、子どもが園庭で見つけてきたりすると自然と詳しくなってしまいます。

・お山さん座りは保育士の共通語

体育座りのことを「お山さん座り」と言います。
しかし、保育士以外には伝わらない単語です。

(著者:長野県 30代前半女性 保育士)

■日常にもたくさんのネタが落ちています

いかがでしたか?
あなたの中の保育士あるあるはいくつありましたか?

保育士だからこそ「わかるわかる」という言葉はたくさんありますよね。
日々、真剣に向き合っているからこそ、「あるある」ネタは詰まっているんです。

大変なことも多い仕事ですが、だからこそやりがいにあふれている仕事ではないでしょうか?

保育士のNGワード(保護者対応編)


保育士さんのNGワード

どんな職種にも、NGワードというものはあります。
保育士さんにとっても、もちろんNGワードはあります。

特に、意図しなくても受け取る側の保護者によってはクレームになってしまったり、トラブルになってしまうこともあります。

保育士として気を付けたいNGワードについて今回はご紹介しましょう。

■保護者の対応はNGワードを変換

保護者対応というのは、普段の保育にも影響してきます。
保護者としっかりコミュニケーションをとれているか、いないかで、設定保育の幅が変わりますよ。

どうしてかというと、もし、こんな保育をしたら保護者からクレームをつけられるんじゃないか?
という不安が出てくるからです。

泥遊びをしたいと思っていても、保護者が嫌な顔をしたら、なかなかできませんよね。

保護者の信頼を得られず、保護者にビクビクしながら過ごしていてはあなたのストレスも大きくなります。
そこで、こういったクレームを受けずに済む方法を詳しく見ていきましょう。

保育士さんのNGワード

■保護者対応のNGワードは控えめに

自分では、全くそんなつもりないのに、保護者からするとグサリ、と胸につきささる言葉があります。
その代表例が

「そんなはずはないのですが・・・」

という言葉です。
保護者の発言に対して、真っ向から否定している言葉です。

例え可能性が低いことでも発言を受け止め、事実確認を行うようにしましょう。
同じような言葉でいくと

「絶対、普通は・・・」

という言葉です。
これを使ってしまうと、保育士さんが言っているのが普通で、それ以外は異常だということになります。

相手にプレッシャーや不快感を与えてしまうことにもなります。
無意識のうちに使いがちですので、気を付けたいですね。

無意識のうちに使ってしまう言葉としては他にも

「何故、どうして・・・?」

という言葉があります。
これは相手が責められていると感じやすい言葉です。

理由を尋ねるときに
「なぜ〇〇できなかったのですか?」と聞くと、ドキリとしてしまいますよね。

そしてもっとも保護者に対して言ってはいけないのは

「愛情不足です」

という言葉です。
どうしていつまでも、泣いてしまうんでしょうか?という質問に対して、この言葉を言ってしまうと保護者との信頼関係は築けません。

例え、本当に愛情不足だったとしても、伝える言葉ではないんです。
具体的な対策を告げ、「保育園から帰ってきたら、ちょっと多めに抱っこしてみてください」などというようにしましょう。

(著者:長野県 30代前半女性 保育士)

■なるべく誤解を与えないようにするために

言葉というのは、とても難しいもので、保育室の前に掲示物を貼るときも気を使いますよね。
紙面に並べられた言葉というのは、会話の時よりも誤解を生みやすいものです。

保護者と会話をするときは、紙に書いて伝えることを意識して会話してみてはいかがでしょうか?
少し気を付けるだけで、保護者との信頼関係も築いていけますよ。

保育士の腱鞘炎。どうやって予防する?


保育士の世界にご案内

保育士さんの職業病と言えば何があるかご存知ですか?
腰痛、膀胱炎、うつ病・・・。

それと肩を並べるほど多いのが「腱鞘炎」です。

経験したことある人なら分かるかと思いますが、本当に痛いんですよね。
では今回は、保育士さんに多い「腱鞘炎」の対処法や予防法についてもご紹介しますね。

■腱鞘炎ってどうしてなるの?

保育士さん、しかも、0歳児クラスなど年齢の低いクラスの担任になるとかかりやすい病気です。
なぜかというと、担任の子どもたちを代わる代わる抱っこしなくてはいけないからです。

何故抱っこをすると腱鞘炎になるのでしょうか?
それは腱鞘炎の仕組みに原因があります。

腱鞘炎は、指の筋肉の力を指先に伝える部分である腱が炎症を起こすからです。
基本的に指の使いすぎによって、炎症を起こすんですね。

自分の持っている筋力に対して、それ以上の力が長時間加わると炎症を起こしやすいと言われています。

赤ちゃんを抱っこするって、本当に想像以上辛いことなんですよね。
それが、わが子だけではなく担任の子ども全員となると、腱が休まる暇もありません。

なので、保育士さんは腱鞘炎になりやすいんですね。

■腱鞘炎、放っておくとどうなる?

大体、腱鞘炎というと、病院にかかっても特効薬はほとんどありません。
日にちが経つと、症状が軽くなり治ることが多いですよね。

なので、大体サポーターを巻いたり湿布をしたりします。
こうしていても、次の日もまた抱っこするのであればなかなか良くなりません。

そこで、放っておくと、痛みがひどくなり、最終的には手術を薦められる場合もあるんですよ。

■腱鞘炎が酷くなる前に予防を!

腱鞘炎というと、そこまで重い病気ではないから、と思っていませんか?
しかし、痛みが長引いたり、慢性化してしまうと、保育にも支障をきたしますよ。

そこで自分でできる、予防や改善策を少しご紹介しましょう。

まずは一つ目ですが、ツボです。
腱鞘炎に利くツボというものがあります。

それは、手首の内側で、関節部分のちょうど真ん中にある「大陸」というツボです。
保育時間中でも、気がつけば押せるツボなので、簡単に押せそうですね。

また、肘の外側で、関節の表と裏部分にある「曲池」というツボも効果的です。
どちらも指先を使って強めに刺激しましょう。

そして、腱鞘炎の最大の特効薬は「安静」です。
大抵、親指を動かすと痛かったり、肘を動かすと痛かったりしますよね。

そこで、この部分をあまり使わないようにするのが、腱鞘炎の対策として一番効果的です。

でも、そうも言ってられないのが保育という仕事です。
サポーターや湿布をして、なるべく患部を使わないように心がけましょう。

■どうしても痛みが取れないなら

一カ月以上腱鞘炎の痛みが取れないときはどうしたらいいでしょうか?

こういう時は、もしかしたら腱鞘炎以上の症状になっていることも考えられます。
腱を痛めているのかもしれません。

我慢しても何もイイことはありません。
医療機関に行って、適切な診察をして貰うようにしましょう。

また、腱鞘炎は、運動不足や女性ホルモンのバランスが崩れた時になりやすいので、普段からこういったことにも気をつけてみるといいかもしれません。


(著者:岡山県 30代女性 元保育士)

先輩保育士から、新人保育士さんに贈る新しい保育士情報サイト^^


保育士のADHD対応マナーは?
保育士の保護者や先輩へのNGワードは?
保育士の『あるある』とは?
保育士といえば園児のイヤイヤに振り回されますよね^^
保育士の数少ないファッションアイテムといえばエプロン!
保育士にとっておたよりをどう書くかは死活問題!
保育士の上手なお見送りの仕方は?
保育士のお弁当のコツ
保育士にぴったりの髪型って?

みんなの疑問に、先輩保育士が答えていくよっ^^


- newband.org -